ベルリンでの滞在許可取得は果たして本当に簡単か

こんにちは。ベルリンの川嶋です。

 

今日のお題は「ベルリンでの滞在許可取得は果たして本当に簡単か」です。

続きを読む

ビザ申請に最も大事なもの3点セット -住宅契約編-

ビザ申請に最も大切なものシリーズ最終回は住宅契約についてです。

 

続きを読む 0 コメント

ドイツ~永住権までの道のり~

ドイツに移住する!と決めた日から、目指すものはこちら、永住権です。

続きを読む 4 コメント

ビザ申請に最も大切なもの3点セット-収入証明-

だんだん暖かくなってきたベルリンですが、みなさんいかがお過ごしですか。

日本では年度の終わりでこの4月を期にベルリンへ来ることをお考えのかたもいるかと思います。

シリーズ化しているビザ申請に最も大切なものの続き、収入証明編行きます!

続きを読む 0 コメント

ビザ申請に最も重要なもの3点セット-プライベート保険編-

前回の投稿ではドイツの公的保険について書きましたが、今日はプライベート保険についてです。

ドイツに来て最初のビザ申請の時は大概の方は旅行者保険などのプライベート保険に加入していると思います。

その後、被雇用者の方はビザと労働許可がおりて実際に働き始めると公的保険に会社を通して加入するわけですが、被雇用者じゃない人はどうすればいいのでしょうか。

当方に寄せられるベルリンでのビザ申請のお問い合わせは、フリーランスビザやフリーランスのアーティスト部門ビザのお問い合わせが一番多いのですが、雇用主がいないフリーランス、自営の方は公的保険の保険料は高くつきます。(アーティストに関してはKSKという別の方法がありますが、また別の機会に記事にします)

続きを読む 0 コメント

ビザ申請に最も大切なもの3点セット -公的保険編-

ドイツでの中長期滞在に欠かせない滞在許可(ビザ)の申請。

フリーランスビザ、ドイツ語留学、ドイツで就職など目的によって申請するビザの種類も必要書類も違ってきますが、どのビザにも必要な3点セットがあります。

-保険

-収入証明

-住民登録と住宅契約

 

この3点セットのうち、どれが欠けてもビザ取得はできません!(ベルリン2017年2月現在)

滞在許可の申請には有効な健康保険に入っていることが条件です。申請時のみならず、ドイツに滞在している人は健康保険に加入していることは義務ですので、途中で解約したり、更新しなかったら滞在許可は無効ということになります。勝手に解約しないように!

 

今日はドイツの公的保険について書いてみます。

f:id:cc-nippon:20170214173326j:plain

 

ドイツ滞在に必須の保険ですが、もしドイツの公的保険に入っているのなら、どの保険でも有効です。(ドイツにはAOK、TK.、BKKなどいろいろな公的保険があります。)

しかし、フリーランスや自営業で仕事をする人と語学学生は公的保険には入りにくいです。

フリーランス・自営業に関しては、ドイツでフリーランス・自営の仕事を始める時に公的保険に入ろうと決断して公的保険に申しこみすればフリーランサーでもドイツの公的保険に入れます。ただし、

加入できるタイミングは税務局に申請する1日以上前です。(当日ではだめです)

その後は被雇用者になるか、結婚して相手の扶養になるかしか公的保険に入るチャンスはありません。

また、語学学生ビザは最大1年です。1年という期限付きのビザには公的保険加入のチャンスがありません。(その後大学に入ったりしたら公的保険加入もokです)

公的保険のメリットとデメリットは

聞かれるので簡単にまとめると

メリット

  • 通常の治療は0割負担(歯の治療のさいマテリアル代などは追加でかかることがある)
  • 医者にかかった時、保険のカードを見せれば会計しなくてもよい(プライベートはいったん自分で立て替えて後からお金を返してもらうことがある)
  • 子供や配偶者などの扶養家族がいても追加料金なしで同じサービスが受けられる

デメリット

  • フリーランスや自営は保険料が高い(月380ユーロほど)
  • 被雇用者でも給与が高ければプライベートより高い保険料になる(所得によって保険料がきめられるため)
  • ホメオパシーなど自然療法は基本的に保障外(治療によっては負担してくれる場合もある)
  • フリーランス・自営業はいつでも入れるわけではない

 

保険加入、その他ビザの申請サポートなどのお問い合わせはこちら

 

次回はプライベート保険編です。

 

 

 

0 コメント

ビザと滞在許可

日本人は基本的にドイツ入国、滞在においてビザは必要ありません

 

ん?ビザがいらないわけないよねと思った方!

 

そうです「ビザ(Visumビーズム)」はいらないのです。日本人に必要なのは滞在許可(Aufenthaltserlaubnisアウフェンタールスエアラウプニス)です。


続きを読む 0 コメント

外国人局同行-フリーランス編

2017年もCC-Nipponをよろしくお願いします。

 

私は去年、仕事納めで外国人局に2日連続同行してきました!

 

こちらが前からある外国人局の建物の面接時間

Friedrich-Krause-Ufer 24
13353 Berlin

 

月曜日 07:00 - 14:00

火曜日 07:00 - 14:00

木曜日 10:00  - 18:00

 

周りには何にもなく、ちょっとさびれた雰囲気ですが、建物の前にはWelcomeの絵が。

中で働くのお役人さんたちは、必ずしもWelcomeって態度とは限りませんけどね・・・。


続きを読む 0 コメント

新・外国人局

クリスマス一色のベルリンですが、みなさん楽しんでいらっしゃいますか。

 

さて、クリスマスモードに浮かれてばかりもいられません。お仕事です!

 

2016年7月より新しい外国人局の建物があります。

 

担当のビザの種類は

 

- 語学学生、大学生、大学準備ビザ

 

- ブルーカード

 

ですので、それ以外の種類の滞在許可は今まで通りWeddingです。

 

新しい建物はこちら

 

 

U7Mirendorffplatzから徒歩1分です。

 

Mirendorffplatzの地下鉄の駅ってなんだか個性的ですね。

 


続きを読む 0 コメント

椅子取りゲーム

椅子取りゲームって子供の時遊びましたよね。

 

今日は、椅子取りゲームをしたっていう話題ではなく、ベルリンのお役所事情のハナシです。

 

何が椅子取りゲームかっていうと、予約取りが椅子取りゲーム状態なんです。

外国人局をはじめ、住民登録までもがベルリンでは予約を取るのが至難の業です。

外国人局も住民登録もオンラインでできるのは便利なのですが、数か月先まで予約はいっぱい。キャンセルが出ると、その瞬間に誰かがオンラインで狙っていて取られてしまうという具合です。

ベルリンで住民登録をしたいお客様とやり取りをしていて、「12月はもういっぱいですねー」というメールを送った5分後、「キャンセル出てました!」とのこと。

椅子取りゲームで見事椅子を確保されました~。

 

ベルリンへお引越しをお考えの皆様、十分余裕をもって計画してくださいね。ビザや住民登録のサポートのお問い合わせも3か月前くらいだと安心です。

 

0 コメント