ドイツへようこそ

 

ドイツには毎年たくさんの日本人が訪れています。

仕事、研究、留学、ご旅行、ワーキングホリデーなどなど。

理由は様々ですが、私たちの願いはひとつ。

 

かけがえのない経験をしていただきたい。

 

そのお手伝いをさせてください。

 

ドイツ生活に関する全般のサポート

新生活をドイツで始める方を応援します。住居探しから役所での同行通訳、ビザサポート、日常的な質問まで、新生活を専門的かつフレキシブルにトータルサポートいたします。

 

ドイツ個人旅行のサポート

ツアーで旅行はつまらない。でも個人旅行でトラブルがあったら心配という方のご旅行中の安心をお約束します。レストランの予約や電車のチケットやヨーロッパ格安航空券の予約など、ほんの少しのお手伝いでドイツ滞在を何倍も楽しめることでしょう。

 

 


ドイツの大学で勉強しよう―大学準備ビザ-

みなさんこんにちは。川嶋@かなり寒くなってきたベルリンです。

 

今回は、大学準備ビザを申請される方に同行してきました!結果的には2年の大学準備ビザをゲットされたんですが、この大学準備ビザは語学学校ビザが2年という感覚でいてはいけません。必要書類は多いです。

 

まずは、ドイツの大学の魅力を少々ご紹介します。

ドイツ公立大学の授業料

 

州によって少し違いはあるかもしれませんが、ベルリンにある代表的な公立大学の授業料は以下の通りです。

 

FU(ベルリン自由大学)  夏学期 311.59ユーロ

HU(フンボルト大学) 夏学期 314.39ユーロ

ポツダム大学 夏学期 388.43ユーロ

 

ドイツの大学は2学期制ですので、年間の授業料は大体この金額の倍ということですが、日本円にして約8万円!

 

日本の国立大学でも50万円以上ということが多いので、その差は歴然としていますね。

 

 

ドイツの大学の応募資格

 

日本での最終学歴によって、応募資格があるか決まります。高卒、専門学校卒、大卒などによってドイツのAbitur(アビトゥーア)に匹敵するかを審査されるのです。その審査はUniAssistというところを通して行われます。

 

https://www.uni-assist.de/

 

応募資格があるかどうかは、厳密なボーダーがあります。例えば高卒や専門学校卒の場合は、ドイツのAbiturに匹敵しないので、基本的に応募資格がないということになりますが、卒業していないくも大学に通ったことがあれば(場合によっては)応募資格があったりします。

この区分はかなり細かいのでご相談は個別にお願いします。

事前に調べずに渡独し、2年びっちりドイツ語を勉強したのに、実際には応募資格がなかった!ということになっては泣くにも泣けません。

 

また、美大、音大などの場合は実技試験もあります。その場合は、応募できる最終学歴も変わってくるようです。

 

 

ドイツの大学入学に必要なドイツ語力

 

応募資格があるとわかったら、当然やらなければいけないことはドイツ語の勉強です。大学だけではなく、高校までの教育でもドイツ人は「自分の頭で考えること」を鍛えられています。日本の入試のようなマークシートで4択といったような試験はあまりなく、記述が中心です。

大学で勉強も、ディスカッションやエッセイを書くといった、「自分の頭で考えて発言する、論じる」ということに重きを置いています。

そんな中で、外国人学生が肩を並べるのは容易なことではありませんね。

 

もちろん、入学時にそれだけのドイツ語力がなくてもいいんです。ドイツ人学生の中で揉まれているうちにドイツ語もどんどん伸びていくでしょう。

 

そうはいっても、ドイツ語初級では大学には入学できません。

ドイツの大学入学のためのドイツ語テストはいくつかあります。

まずはDSH。このテストは各大学で実施されているので傾向と対策があります。ベルリンの大抵の語学学校ではこのためのコースがあるので、ぜひ受講しましょう。B2くらいまでは独学でできる!という人もいるかもしれませんが、DSHは手ごわいです。

大学実施ではないテストで代表的なものはTestDaFです。これは年に何回も実施されるので、チャンスが多いです。こちらも語学学校で対策コースを受けてからの臨むのがいいでしょう。

 

いづれにしてもゲーテの試験でC1くらいのレベルが目安です。

 

 

大学準備ビザを申請しよう

 

語学学校ビザは語学学校に一定期間申し込みさえしていればだれでも取ることができますが、大学準備ビザは大学に入学することが前提なので日本での最終学歴の書類など必要書類が多いです。どの書類が必要かはその人の最終学歴によって違います。

申し込む語学学校は語学学校ビザ同様どこでも構いません。(語学学校と同様インテンシブコースである必要はあります)

重要なのは銀行口座です。

2018年より日本にいる両親の経済負担証明書(領事館や大使館で発行してもらっていました)が廃止になり、ドイツの銀行のブロックアカウントが必要になりました。口座開設までに4-6週間はかかるので、余裕をもって外国人局訪問の1か月以上前には準備したほうがいいでしょう。

 

この大学準備ビザはバイトもできるので便利です。

ただ、今回は2年以内に入学許可が取れない場合は帰国しますという宣誓書のようなものにサインさせられました。あとがない!ってことです。

 

ドイツ語、がんばりましょう!

0 コメント

謹賀新年 From Berlin

明けましておめでとうございます。今年もCC-Nipponをどうぞよろしくお願いします。

 5年ほど前に一度、年末年始を日本で過ごしましたが、この15年その年以外はドイツで年越ししている私です。

日本とドイツの年明けは天と地ほど違います。

何が違うって、静けさが違うんです。日本でも大晦日から出かけて初日の出を見に行ったり、神社にお参りに行ったりして人が集まるのですが、なぜか静かですよね。

 

ドイツの大晦日はとにかくパーティー、パーティー、パーティー!

有名なクラブやディスコはチケットが取るのが難しく、入場制限がかかるほどの大盛況。外でパーティーしない人たちはホームパーティーを開催する、もしくは招待されるということが多いようです。

そして、年越しの瞬間は外に出て花火を上げるのが習慣です。この花火のレベルがすごいんです。個人で上げていいの?っていうレベルです。

 

このようにドイツ、ベルリンの年明けは爆竹の騒音と花火と酔っ払いたちで迎えられます。

なんだかもう、戦争じみていませんか?

実際、今年の負傷者はベルリンだけで21名、死亡者は2名だそうです。

21名というのは病院に運ばれて治療を受けた人の人数なので、ちょっとしたやけどなどの人はもっとたくさんいるでしょう。。

 

こんな風に迎える新年なので、1月1日はみんな二日酔いで寝ています。

そして1月2日からは通常営業です。お正月気分なんてあったもんじゃありません。

 

 

 

 

うちは、子供が物心がついてから、せめて日本の風習を伝えていこうとおせちを作り始めました。もちろんデパ地下で買うこともスーパーで買うこともできないので、基本手作りです。伊達巻なんかは上手に焼けるようになりました。日本にいたときは買っていたものも、実は手作りできるとわかって、経済的、かつ添加物が少なく健康的です。

そうはいっても、材料が揃うの?と思われるかもしれませんが、材料は近くのアジアスーパー、インターネットでの注文などでほとんど揃います!

 

 

 

私がよく行くアジアスーパーはここ

 

www.vinhloi.de

店舗はベルリンに3店舗あります。

 

 

Gutsmuthsstraße 23-24, 12163 Berlin

 

Ansbacher Str. 16, 10787 Berlin

 

Müllerstraße 40, 13353 Berlin

 

 

 

スマデリの通称で親しまれるSmart Deli

 

Novalisstraße 2, 10115 Berlin

 

www.smartdeli.org

 

 

スマデリさんはベルリン市内なら40ユーロ以上の買い物をオンラインショップですると2ユーロで配達してくれます。ベルリン市外の人も郵送料は上がりますが、郵送可です。お米など重いものを買うときは便利ですね!

 

また、店舗ではお弁当や丼ぶりなどが食べられます。

 

 

 

それと、定期的に注文しているのがここ。あじの開きやほっけ、塩サバまで手に入りますよ~

 

Hokkai Suisan

 

 

 

社長さんはオランダ人です!日本で修行(?)されたそうです。

 

最低注文額が一家庭で頼むには高いので、近所のご家族と一緒に注文しています。

 

 

 

 

 

さて、今年はどんな年になるんでしょう。

 

今年ベルリンへ移住をお考えの方もいるかと思います。

 

来年はぜひ、ベルリンで騒がしく、ちょっと危険な年越しを体験してみましょう。

おすすめブログ記事