ドイツへようこそ

 

ドイツには毎年たくさんの日本人が訪れています。

仕事、研究、留学、ご旅行、ワーキングホリデーなどなど。

理由は様々ですが、私たちの願いはひとつ。

 

かけがえのない経験をしていただきたい。

 

そのお手伝いをさせてください。

 

ドイツ生活に関する全般のサポート

新生活をドイツで始める方を応援します。住居探しから役所での同行通訳、ビザサポート、日常的な質問まで、新生活を専門的かつフレキシブルにトータルサポートいたします。

 

ドイツ個人旅行のサポート

ツアーで旅行はつまらない。でも個人旅行でトラブルがあったら心配という方のご旅行中の安心をお約束します。レストランの予約や電車のチケットやヨーロッパ格安航空券の予約など、ほんの少しのお手伝いでドイツ滞在を何倍も楽しめることでしょう。

 

 


謹賀新年 From Berlin

明けましておめでとうございます。今年もCC-Nipponをどうぞよろしくお願いします。

 5年ほど前に一度、年末年始を日本で過ごしましたが、この15年その年以外はドイツで年越ししている私です。

日本とドイツの年明けは天と地ほど違います。

何が違うって、静けさが違うんです。日本でも大晦日から出かけて初日の出を見に行ったり、神社にお参りに行ったりして人が集まるのですが、なぜか静かですよね。

 

ドイツの大晦日はとにかくパーティー、パーティー、パーティー!

有名なクラブやディスコはチケットが取るのが難しく、入場制限がかかるほどの大盛況。外でパーティーしない人たちはホームパーティーを開催する、もしくは招待されるということが多いようです。

そして、年越しの瞬間は外に出て花火を上げるのが習慣です。この花火のレベルがすごいんです。個人で上げていいの?っていうレベルです。

 

このようにドイツ、ベルリンの年明けは爆竹の騒音と花火と酔っ払いたちで迎えられます。

なんだかもう、戦争じみていませんか?

実際、今年の負傷者はベルリンだけで21名、死亡者は2名だそうです。

21名というのは病院に運ばれて治療を受けた人の人数なので、ちょっとしたやけどなどの人はもっとたくさんいるでしょう。。

 

こんな風に迎える新年なので、1月1日はみんな二日酔いで寝ています。

そして1月2日からは通常営業です。お正月気分なんてあったもんじゃありません。

 

 

 

 

うちは、子供が物心がついてから、せめて日本の風習を伝えていこうとおせちを作り始めました。もちろんデパ地下で買うこともスーパーで買うこともできないので、基本手作りです。伊達巻なんかは上手に焼けるようになりました。日本にいたときは買っていたものも、実は手作りできるとわかって、経済的、かつ添加物が少なく健康的です。

そうはいっても、材料が揃うの?と思われるかもしれませんが、材料は近くのアジアスーパー、インターネットでの注文などでほとんど揃います!

 

 

 

私がよく行くアジアスーパーはここ

 

www.vinhloi.de

店舗はベルリンに3店舗あります。

 

 

Gutsmuthsstraße 23-24, 12163 Berlin

 

Ansbacher Str. 16, 10787 Berlin

 

Müllerstraße 40, 13353 Berlin

 

 

 

スマデリの通称で親しまれるSmart Deli

 

Novalisstraße 2, 10115 Berlin

 

www.smartdeli.org

 

 

スマデリさんはベルリン市内なら40ユーロ以上の買い物をオンラインショップですると2ユーロで配達してくれます。ベルリン市外の人も郵送料は上がりますが、郵送可です。お米など重いものを買うときは便利ですね!

 

また、店舗ではお弁当や丼ぶりなどが食べられます。

 

 

 

それと、定期的に注文しているのがここ。あじの開きやほっけ、塩サバまで手に入りますよ~

 

Hokkai Suisan

 

 

 

社長さんはオランダ人です!日本で修行(?)されたそうです。

 

最低注文額が一家庭で頼むには高いので、近所のご家族と一緒に注文しています。

 

 

 

 

 

さて、今年はどんな年になるんでしょう。

 

今年ベルリンへ移住をお考えの方もいるかと思います。

 

来年はぜひ、ベルリンで騒がしく、ちょっと危険な年越しを体験してみましょう。

【 ブログはじめます 】

ベルリンでのビザ申請情報を「ビザ・お役所事情」で、レストラン・カフェ情報を「レストラン・カフェ情報」で、その他諸々ベルリンでの日常生活を「ベルリンの日常」ページでレポートします!

おすすめブログ記事