駐在員(企業派遣、研究者等)として日本企業・大学などからドイツ現地法人や大学へ出向・派遣される方に対して、滞在手続き、生活サポートを行います。これらの手続きには基本的にすべてドイツ語での対応が必要になりますが、忙しいみなさまに代わってCC-Nipponが手続きを代行・サポートいたします。

駐在員のお客様におかれましては、都市や帯同家族の状況などによってサポート内容が異なりますので、詳細やお見積もりはこちらからお問い合わせください。

 

滞在手続きのサポート

住居のサポート

生活事務手続きサポート

お子様のサポート

その他のドイツ滞在中生活サポート

帰国サポート

 


 

滞在手続きのサポート

(1) 住民登録

ドイツでは日本の転居届にあたる「住民登録」が発生します。滞在許可(ビザ)申請は住民登録がないとできませんので、まずは住民登録が必須となります。都市によっては予約が必要な場合もあり、その場合もオンラインやメール、電話での予約といったように 各地でルールが異なります。お客様の居住地やスケジュールに合わせた適切な方法をお調べし、住民登録に必要な書類をご案内します。

 

(2) 滞在許可・労働許可申請

住民登録が完了した後、外国人局で滞在許可の申請を行います。弊社では、お客様の滞在許可および労働許可に必要な書類をご案内し、記入後の書類チェック、外国人局に同行および通訳を行います。必要書類などはホームページなどでも公表されていないことがございますが、最新情報を入手し、スムーズに滞在許可が取得できるようサポートいたします。また、ドイツは当日の担当官の裁量が大きく、時と場合によっては対応がかわってくるということが多々あります。弊社では書類確認のチェックも含めてお客様の状況 をよく理解し、その場で臨機応変に対応いたします。 

備考:被雇用者としてドイツで働く場合は、労働局の労働許可も必要となります。こちらは外国人局を通して申請しますので、必要書類を外国人局に提出いたします。

 


 

住居のサポート

ドイツはこれまでにない住宅難に見舞われており、ベルリンやハンブルク、フランクフルトなどの大都市では物件の空室率が極めて低い状況が続いています。仮に問い合わせをしてもほとんど返信がないのが現状です。また言語面での障壁もあります。ベルリンやハンブルクなどの大都市では英語で対応可能な不動産もありますが、数が限られています。地方では外国人の入居者を扱った経験が少なく、ドイツ語を話さない入居希望者を敬遠する傾向にあります。さらに外国人をねらった住宅詐欺もよく見受けられます。このようなトラブルを避けるためにもドイツ語が堪能で、日本人固有の事情を熟知したスタッフにお任せください。

 

(1)住居探しサポート件 (5件の住居提案、内覧同行・通訳もしくは内覧代行)

お客様のご予算やご希望に合わせて複数の大家さんや不動産業者より見積を取り、5件の住居をご提案いたします。また、対応したスタッフ自らが 内覧にご同行・通訳、もしくはお客様に代わって内覧代行を行います。これによって大家さんや不動産業者からの信頼を得ることが容易となり、入居手続きがスムーズに進みます。

 

(2)入居時サポート(契約確認、入居時の立ち合い・通訳)

契約書の確認(プルーフリーディング)および必要に応じて契約時の立ち合い・通訳を行います。入居時にも立ち合い・通訳を行い、一緒に電気・ガスメーターの確認、台所の使い方、バスルームや台所の温度調整、暖房の使い方などを確認します。
また、部屋の破損有無も確認して記録を取ります。ドイツでは退去時に大家さんや不動産業者が家や備え付け家具の状態を細かくチェックします。その状態が敷金返金に影響するばかりか高額な家具の破損代金を請求されるなど、帰国後にトラブルになることが多いです。そのため、入居時に部屋の状態を細かく確認する必要があります。CC-Nipponではスタッフが入居時には立ち合い、お客様と一緒に入居時の状態を確認します。

  


  

生活事務手続きサポート

生活に欠かせない銀行口座の開設やインフラ・保険関係の手続きをサポートします。

・銀行口座の開設

・電気・ガスの契約

インターネット、携帯電話の契約

・GEZ(公共電波:テレビ・ラジオ)の契約

・健康保険の契約

※GEZの契約・支払いはドイツの法律で義務付けられています。

  


  

お子様のサポート

お子様がいらっしゃるご家庭にとっては、お子様の教育などが一番の関心ごとになると思います。現地校に通われる場合であっても定員制があるなど、日本と制度が大きく異なります。CC-Nipponではそれぞれの年齢に合わせた就学・就園サポートを行い、お子様やそのご両親にも安心してドイツで生活してもらえるようサポートいたします。

(1) 小・中・高校ウェルカムクラス申し込み

現地校のウェルカムクラスへの申し込みのサポートを行います。具体的には市役所への申し込み、学校への申し込み、就学前検診同行通訳、学校初日同行などです。申し込み方法が都市によって異なるため、詳細はお問い合わせください。

 

(2) 幼稚園申し込み

現地の幼稚園への問い合わせと見学、申し込みのサポートを行います。具体的には市役所への申し込み、幼稚園への申し込み、園の見学同行、契約書締結などです。申し込み方法が都市によって異なるため、詳細はお問い合わせください。

 

(3) 子ども手当の申請代行

子ども手当の申請を代行いたします。なお、お仕事の状況や雇用形態などで子ども手当て支給の対象とならない場合があります。詳細はお問い合わせください。

  


  

その他のドイツ滞在中生活サポート

CC-Nipponではドイツに滞在されるお客様からよく頂くさまざまなご要望にお応えします。個別にお見積もりしますので、お気軽にお問い合わせください。

(よくあるご要望の一例)

 ・病院へ同行してほしい

 ・子どもの学校の面談に同行して、通訳してほしい

 ・ドイツ語を学びたいのだが、いい語学学校を紹介してほしい

 ・備え付けの家具が壊れたので大家さんとコンタクトを取ってほしい

 ・粗大ゴミを処分したいのだが、手続きをしてほしい

 ・確定申告など税務面での相談がしたい

 ・家族旅行のアドバイスや手配をしてほしい

 ・帰国後の子どもの学校・教育について相談したい

  


  

ご帰国サポート

「立つ鳥跡を濁さず」の精神はドイツでも重要です。手続きを怠ると、行政のブラックリストに載り、最悪ドイツ含むシェンゲン圏へ再入国できなくなるというケースも見受けられます。無事にご帰国できるように、CC-Nipponではさまざまなサポートを行います。

各種解約事務手続きトータルサポート(3ヶ月)

事前に解約届を書面で作成し、退去日を大家さんや管理会社に連絡します。また、退去時に立ち合い・通訳を行います。その後敷金返金に向けて、大家さんや不動産業者とのコミュニケーションをフォローします。敷金の返金は、通常3か月から長い時は10か月ほどかかることがございます。お客様のご帰国後も徹底してサポートいたしますので、お客様にはご安心してご帰国いただけます。

・住民登録、住居賃貸契約の解除

・銀行口座の解約

・電気・ガスの契約解除

・GEZ(公共電波:テレビ・ラジオ)の契約解除

・インターネット、携帯電話の契約解除

・健康保険契約の解除

・住居退去時の立ち合い・通訳、敷金返金フォロー