完全版!一番お得にドイツの銀行に(大金を)送金する方法

さて、前回の記事では海外送金にはトランスファーワイズが最強というこちらのお話でした。トランスファーワイズと他の方法の送金方法の比較をしていますので、参考にされてくださいね。

ランスファーワイズは何度もいうようですが、ちょっとした送金には早い、安い、安全といいことづくめです。が!人生時には大金が必要になることもありますよね⁉

例えば

- 海外で不動産を購入したい!

- ヨーロッパでラーメン屋を開きたい!

- 子供がドイツの有名バレエ学校に入学する!

などなど。

そんなときは100万円位の送金じゃ足りないってこともあるかもしれません。

そうなってくると、最強説のあったトランスファーワイズも実は割高になってくるんです。

100万円以上のお金を海外送金する一番お得な方法は?

送金する金額が大きくなればなるほど為替レートの影響が大きくなって来ます。トランスファーワイズは他の銀行に比べればレートは十分にいいのですが、レートのいい時にちょこちょこと換金しておけばリスクも少なく、その場ですぐ送金せず必要なタイミングで送金出来たら便利ですよね。

そこでこちらの記事でご紹介したFXを使った換金方法で為替レートのいい時に換金しておくのです。この記事でご紹介したのはマネーパートナーズで換金したユーロの引き出し方法は空港で現金を受け取るという方法でしたが、現金で受け取れる額は上限2000ユーロまでとなっています。(2020年6月現在)海外旅行やとりあえず差し当たっての現金には十分な額ですが、留学や移住のためのまとまったお金の送金が必要な場合は、以下のような手順を取ります。

①レートのいい時にFXで換金

②プレスティアSMBC信託銀行マルチマネー口座もしくは新生銀行ににユーロを移す

③プレスティアや新生銀行からユーロを海外送金

次に一つずつ説明していきます。

為替レートのいい時を狙う

①レートのいい時にFXで換金はこちらの記事も参考にしてください。

いくらFXの手数料が安いといっても為替レート自体が悪ければ意味がありません。2020年ユーロは1ユーロ120-125円くらいです。100万円をユーロにすると、120円の時で8333ユーロほど、125円なら8000ユーロほどにしかなりませんから4万円前後の差があります。今日は有利だぞ!という日があったら為替手数料の安いFXで換金しておきましょう。

前回の記事では一番使いやすいと言われているマネーパートナーズをご紹介しましたが、ヤフーグループのYJFX!も為替手数料がなんと無料というお手軽さで利用できます。ただ、YJFX!は外貨預金口座に一度移すしかないので、その点は空港で現金が受け取るという選択肢もあるマネーパートナズのほうが便利かもしれません。

外貨預金口座に外貨を移す

②プレスティアSMBC信託銀行マルチマネー口座もしくは新生銀行ににユーロを移す

FXでレートのいい時を狙い為替手数料を抑え外貨にしたら、今度は送金の準備です。

FXの口座から直接海外の銀行に送金することはできませんので、外貨を受け取れる外貨預金口座にいったん送金します。それができるのがプレスティアSMBC信託銀行のマルチマネー口座や新生銀行の外貨口座なんですね。昨今どの銀行でも外貨預金ができますが、それは日本円で入金しそれを高い銀行の為替手数料を払って外貨にするというパターンが多いのです。が!今回の趣旨はあくまでも”できるだけお得に換金したい”ですから、FX口座から外貨を外貨のまま移す必要があります。

プレスティアはマルチマネー普通預金口座を、新生銀行はGoレミット海外送金スマホアプリに事前に登録しておく必要がありますのでご注意!

とうとう海外送金!

③プレスティアや新生銀行からユーロを海外送金

FXで換金し、外貨口座にユーロが移せたらとうとうドイツの銀行に送金します。

プレスティアはプレスティアゴールドというランクがあり、月間の取引額が1000万円(!)以上の場合海外への送金手数料は無料になります。それ以外ですと窓口での手続き7000円、テレフォンバンキングなら7000円(前々月の取引残高が100万円以上の場合2500円)、オンラインバンキングなら3500円(取引残高100万円以上の場合は2000円)と手続き方法によっても手数料に差があるのでお気を付けくださいね。詳しくはプレスティアのこちらのページにあります。

それに対して新生銀行はGoレミットというスマホアプリで新生銀行外貨口座からドイツの銀行に送金します。送金手数料は1件当たり4000円となっています。新生プラチナ(外貨普通預金や外貨定期預金の残高が300万円以上)の場合は月1回まで送金手数料が無料になります。詳しくはこちら

さあ、いかがでしたでしょうか。少し複雑ですが、ひと手間ふめば高い為替手数料、海外送金手数料をかなり節約できることがお分かりいただけたかと思います。

今回はすべてドイツの銀行に送金するという前提てお話しましたが、これがドルでも要領は同じですよ。

楽しいドイツライフのため、少しでも節約しましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です